おらしょ こころ旅

被登录的资产

县央、西彼

天正遣欧少年使节像

・这座雕像建于昭和57年(1982年),是为纪念天正10年(1582年)派遣天正遣欧少年使节前往罗马400周年而建。
・这个派遣计划由日本的传教负责人范利安神父等人提出,共有4名少年被选为大村纯忠、有马晴信、大友宗麟三位吉利支丹大名的使节赴欧。
・由伊东满所(15岁、大友宗麟的使者)、千千石米格尔(14岁、有马晴信的使者)担任正使,大村的两名使者来自波佐见的原马丁诺(13岁)和来自西海市中浦的中浦朱利安(15岁)担任副使。
・少年们从长崎出港,经过澳门,穿过印度洋,历时两年半抵达葡萄牙里斯本。据说他们受到了罗马有史以来最盛大的欢迎。
・他们谒见了罗马教皇,转交了三位吉利支丹大名的信件。
・之后,少年们在北意大利各地受到欢迎,学习欧洲的新知识,于天正18年(1590年)7月回到了长崎。
・归国时,日本正处于禁教时代,少年们遭受了各种苦难,但他们带回的知识和物品对日本文化产生了巨大影响。

相关人名及术语(将鼠标放在图标上可以显示读音及概要)

有馬晴信

[ありまはるのぶ] 肥前有馬の領主。1571年に家督を相続し、日野江城に居住。1580年にヴァリニャーノから洗礼を受け、キリシタン大名となった。1582年には、従兄弟の千々石ミゲルを天正遣欧使節として派遣した。1587年に豊臣秀吉が「伴天連追放令」を発令した際には、領内で宣教師を保護した。

ヴァリニャーノ(アレッサンドロ・ヴァリニャーノ)

[ヴぁりにゃーの] イエズス会巡察使として初期の日本のキリスト教界を指導した司祭。1579年から3度来日し、1590年にインド副王使として2度目に来日した際には、帰国した天正遣欧使節をともなって豊臣秀吉に謁見した。日本宣教にあたって、日本の風習に順応すること、セミナリオなどの教育機関を設置することなどの革新的な方針を示した。

大友宗麟

[おおともそうりん] 豊後の領主。1551年に来日中のザビエルに会い、以後キリシタンを保護した。1559年に九州探題となる。1578年に洗礼を受けてキリシタン大名となった。

大村純忠

[おおむらすみただ] 肥前大村の領主。1550年に有馬家より養子となり、家督を相続。1561年に領内の横瀬浦をポルトガル船に開港し、自ら洗礼を受けて日本初のキリシタン大名となった。

人名及术语辞典 >>

地图、交通路线

查看地图

与该资产相关的专栏

首页