おらしょ こころ旅

登錄資產

長崎

日本二十六聖人殉教地(西坂公園)

・1597年,傳教士和信徒等26人,因信仰基督教而成為日本第一批殉教者。
・26人當中,包括西班牙和墨西哥等6名的外國人,以及5名10幾歲的少年。
・這裡是梵蒂岡承認的公認巡禮聖地。
・全世界都記得日本二十六聖人的殉教,各地都有供奉日本二十六聖人的教會。
・建築師今井兼次和雕刻家舟越保武,為了讓殉教地留傳到後世,而參與建造了紀念教會堂和浮雕的建築。

相關人名、用語(讀法和說明隨滑鼠游標一起顯示)

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

巡礼

[じゅんれい] 教会や殉教地、聖人や福者ゆかりの地などを巡り、感謝や祈りを捧げ、罪の痛悔や償いを行うなどして、信仰を深めること。近年は、キリスト教信者以外も、やすらぎや癒しを求めて教会や聖地を巡る人が増えている。

聖人

[せいじん] 殉教者およびキリスト教信者として、深い信仰に生きた人たちの聖徳がローマ教皇から公式に認められて与えられる称号で、聖人の列に加えられるのが「聖人」、福者の列に加えられるのが「福者」。

日本二十六聖人殉教

[にほんにじゅうろくせいじんじゅんきょう] 時の権力者により、キリスト教の信仰を理由に処刑された、日本で初めての殉教事件。京都、大阪などで捕縛された信者26人が長崎まで歩かされ、1597年2月5日、西坂で処刑された。ヨーロッパで大きな反響を呼び、26人は後に聖人となった。

人名和用語辭典 >>

地圖、交通方式

查看地圖

與此資產有關的專欄

相關登錄資產

頁首