おらしょ こころ旅

등록 자산 찾기(지역)

天草の﨑津集落

生活、生業に根差した身近なものをキリシタンの信心具として代用することにより、漁村特有の信仰をひそかに続けた潜伏キリシタンの集落である。禁教期の﨑津集落では、指導者を中心として自分たち自身で信仰を続ける過程で、大黒天や恵比須神をキリスト教の唯一神であるデウスとして崇拝し、アワビの貝殻の内側の模様を聖母マリアに見立てるなど、漁村特有の信仰形態がはぐくまれた。解禁後、﨑津集落の潜伏キリシタンはカトリックへと復帰し、禁教期に祈りをささげた神社の隣接地に教会堂を建て、その伝統は終わりを迎えた。

세계문화유산

사키쓰 스와 신사(﨑津諏訪神社)

구마모토 아마쿠사 시모무라(熊本県天草市下島)에 있는 작은 어촌「사키쓰 취락(﨑津集落)」 에 세워진 신사.

시마바라·아마쿠사

사키쓰 성당(﨑津教会堂)

구마모토 아마쿠사 시모무라(熊本県天草市下島)에 있는 작은 어촌「사키쓰 취락(﨑津集落)」에 세워진 성당.

시마바라·아마쿠사

初代﨑津教会堂跡

明治時代のキリスト教解禁後、1888年に最初に建てられたカトリック教会堂の跡地。禁教期に信者が祈りを唱えていた﨑津諏訪神社の隣接地に所在。1934年の現﨑津教会への移転までの間、信仰のよりどころとなった。現在は石垣や、昭和30年代に建築された修道院の建物が残っている。

시마바라·아마쿠사

박물관·자료관

핫플레이스