おらしょ こころ旅

Vol.7

8月15日

2014年8月11日 公開

8月15日は、終戦記念日であり、長崎では故人の霊を弔(とむら)うために手作りの船をひき、爆竹を鳴らしながら街を練り歩く「精霊流し」が行われる日です。また、この日はカトリック信者にとっても大切な記念日で、聖母マリアが天に召され、永遠のいのちのうちに誕生した「聖母被昇天の祝日」とされています。さらに1549年、フランシスコ・ザビエルがキリスト教布教のため鹿児島に到着した日、インドやコンゴ共和国の独立記念日でもあり、室町時代の文書に「刺身」の文字が登場したことから「刺身の日」ともいわれているそうです。

そういえば、子どもの頃からなんだか落ち着かない日だなぁと思っていた8月15日。もちろん、この日が誕生日だったり結婚記念日だったりする人もいるわけですから、世界的にも歴史的にも個人的にもとっても忙しい日なのです。

精霊船を作る人、ひく人、精霊流しを見に出かける人、久しぶりに同級生と会う人、お墓参りに行く人、お墓で花火をする人、お盆のご馳走(ちそう)を作る人・・・。そして、まだ故郷へ向かう列車やバスの中だという人もいるかもしれませんね。

もうそこまで来ているそれぞれの8月15日。今年も楽しい思い出が作れるといいですね。

(文:ヒラモトヨシノリ、イラスト:ナカムラタエ)

おらしょ通信一覧
トップ