おらしょ こころ旅

Vol.37

サンタ・マリアの御像はどこ?

2015年3月16日 公開

1865年3月17日午後、男女、子どもをあわせた十数人が大浦天主堂の門の前に立っていました。天主堂の門は閉まっていたので、プティジャン神父は急いで門を開け聖所のほうに進みました。すると彼らも神父のあとをついてきたそうです。

神父が少し祈ったあとに、40歳か50歳くらいの女性が神父に近寄り、胸に手をあててこう言いました。「ここにおります私どもは、全部あなた様と同じ心でございます」と。

神父が「どこから来たのですか」ときくと、「私たちは浦上村の者で、浦上ではほとんどの人が私たちと同じ心を持っています」と言い、すぐに「サンタ・マリアの御像はどこ?」とたずねたそうです。

神父はこの人たちに取り囲まれながら、日本のキリシタンの子孫を目の前にしていることを神に感謝し、聖母の御像が安置してある祭壇に彼らを案内しました。

これが世界宗教史上の奇跡ともいわれる「信徒発見」の瞬間でした。浦上のキリシタンは、禁教令から250年あまりの潜伏時代を経て神父と出会い、命がけで信仰を表明したのです。

神父はこの日の出来事をフランス語で記しているのですが、その際、女性が言った「サンタ・マリアの御像はどこ?」を「Santa Maria gozo wa doko?」とローマ字でつづったそうです。このことからもプティジャン神父の驚きと感動が伝わってきます。

明日2015年3月17日は、「信徒発見」150周年。大浦天主堂では記念連続ミサが行われます。

参考文献/旅する長崎学4「キリシタン文化」(長崎文献社)

(文:ヒラモトヨシノリ、イラスト:ナカムラタエ)

関連登録資産

  • 世界遺産(候補)

    大浦天主堂

    フューレ神父とプティジャン神父の設計により1864年に建設された教会堂である。

おらしょ通信一覧
トップ