おらしょ こころ旅

Vol.297

原城跡

2020年4月6日 公開

4月 6日は「城の日」。お察しの通り語呂合わせのようですが、財団法人日本城郭協会が1974年度の事業で制定したそうです。

 

1990年には兵庫県姫路市が姫路城を中心とした市の復興のために同日を「しろの日」としたことから、今日は「城の日」と「しろの日」の二つが存在する珍しい記念日となりました。

 

城とは、敵を防ぐために土や石で堅固に築いた建物や設備のことで、環濠集落や台場、陣屋などを含めると日本には数万箇所もあるといわれています。

 

長崎県にも数多くの城跡がありますが、そのなかでも「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つになっているのが原城跡です。

 

島原半島の南部にある原城跡は、キリシタン大名有馬氏が1598年から1604年にかけて築いた城跡。苛政と飢饉をきっかけに勃発した島原・天草一揆の舞台として知られています。

 

この戦いによって一揆軍2万数千人が全滅、幕府軍も8千人以上の死傷者を出したといわれています。

 

そしてこの出来事を契機に、宣教師が潜入する可能性のあるポルトガル船の来航は禁止され、海禁体制が確立されることとなり、残された潜伏キリシタンは自らで信仰を続けることを余儀なくされたのです

 

原城跡の発掘調査では、本丸の虎口や櫓台の石垣などの遺構のほか、多量の人骨と信心具が出土されています。

 

信心具には、宣教師から授かり、代々受け継がれてきたメダイや、鉄砲玉を原料に作られた十字架などもあったそうです。

 

これらは立て籠もったキリシタンが禁教後も信仰組織を維持し、一揆が鎮圧される最後まで信仰を続けていたことを物語っています。

 

桜の名所としても知られている原城跡。

 

このコラムを書いているのは3月中旬なので、新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているのかはわかりませんが、散歩がてら出かけて花見を楽しめるといいなと思います。

 

(文:ヒラモトヨシノリ、イラスト:ナカムラタエ)

関連登録資産

  • 世界文化遺産

    原城跡

    長崎県島原半島南部の海に突き出た丘陵を利用した城跡である。【登録資産グループ/原城跡】

  • 博物館・資料館

    南島原市有馬キリシタン遺産記念館

    南島原市の世界文化遺産である原城跡と、関連の深い日野江城跡の歴史ストーリーを発信するガイダンス施設。

  • よりみちスポット

    島原の乱時の鍛冶水盤

    島原・天草一揆の際、湯島には島原と天草の切支丹教徒らが集まり、湯島の峯の盆地で群議や決起の準備を行ったといわれている。この鍛冶水盤は、湯島の峯地区の畑の中から鉄くずや鏃とともに発見された。

  • よりみちスポット

    島原殉教地

    バチカン公式巡礼地の一つ。

おらしょ通信一覧
トップ