おらしょ こころ旅

Vol.208

ジェットコースターの日

2018年7月9日 公開

7月9日は、ジェットコースターの日。1955年のこの日開園した後楽園遊園地に日本初の本格的なジェットコースターが設置されたそうです。

戦後10年でこんなに刺激的な遊具が登場していたなんて、日本の復興の早さには本当に驚かされます。

急勾配や急カーブのレールの上を高速で走りながら、ときには回転して天地が逆転するスリルを味わう遊具、ジェットコースター。しかし意外にもその名前は和製英語で本来は「ローラーコースター」というのだそうです。

現在のローラーコースターの基になったのは、1884年にアメリカのニューヨーク市ブルックリン区の南端、コニー・アイランドに建設された木製のもの。

日本には1890年(明治23年)の第3回内国勧業博覧会に初上陸し、秋には大阪の遊園地に移設されました。

1880年から90年といえば、多くの潜伏キリシタンがカトリックへ復帰し、長崎県の各地に教会堂が建てられた時期。

さらに視界を広げると、旧士族や豪農、農民たちが中心となって自由を求めた自由民権運動の時代でした。

多くの人々が憲法制定や国会開設、国民の政治参加などを求めて活動した道のりは、急勾配や急カーブの連続だったかもしれません。

そして今、様々なニュースにふれるとき、自由と権利を求め続けることの大切さを改めて実感するのです。

(文:ヒラモトヨシノリ、イラスト:ナカムラタエ)

おらしょ通信一覧
トップ