おらしょ こころ旅

浦上キリシタン資料館/ うらかみきりしたんしりょうかん

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 浦上キリシタン資料館外観

  • 浦上キリシタン資料館外観

  • 浦上キリシタン資料館内観

  • 浦上キリシタン資料館内観

  • 長崎の北部に位置する浦上、そこには世界史に深く刻まれた二つの歴史があります。
  • 一つはフランシスコ・ザビエルによって、日本に蒔かれたキリスト教の種が250年の厳しい迫害に堪えて長崎で復活したこと。その後、浦上四番崩れをはじめとする最後の迫害が長崎県各地で始まりましたが、信徒達は雄々しくそれに立ち向かい、日本に信教の自由を明文化した憲法をもたらしました。
  • そして、もう一つは原爆が落とされた第二の都市であるという歴史です。この二つの受難によって、浦上は常に壊滅的な被害を受けましたが、たくましく甦りました。
  • 浦上キリシタン資料館はその歴史を次の世代に語り次ぐために開設された資料館です。

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • バス停「浦上天主堂前」から徒歩で1分

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ