• 1873年、キリシタン弾圧の禁制がとかれ、自由を得た浦上の信徒たちによって建設が計画された。
  • 資金が集まらず、20年余りの時を経た1895年、フレノ神父の設計により建設が開始され、1914年、未完成のまま献堂式があげられた。
  • 1925年、正面双塔にフランス製のアンジェラスの鐘が備えられ、東洋一と呼ばれた煉瓦造りのロマネスク様式大聖堂は完成した。しかし、わずか20年後、原子爆弾により建物は破壊され、アンジェラスの鐘も鐘楼も崩れ落ちた。
  • 現在の建物は、1959年に鉄筋コンクリートで再建されたもの。1980年、煉瓦タイルで改装し、旧浦上天主堂を彷彿とさせる美しい姿を蘇らせている。