おらしょ こころ旅

Component

Kenhoku

Tabira Church

  • Beginning in 1886, Father Raguet and Father de Rotz had some Christians from places such as Kuroshima and Shitsu migrate to Tabira.
  • Tabira church was designed and constructed by Tetsukawa Yosuke, with considerable help from local Christians themselves. It was completed in 1918.
  • The church is made from brick, and has a multilayered roof with a bell tower at the front.
  • The interior has three isles, with an arcade, triforium, and clerestory nave.
  • Tabira church is one of many churches which bear witness to the speed and strength with which Catholicism was revived throughout the Nagasaki region following the lifting of the ban on Christianity.

Related Keywords

カミロ・コンスタンツォ

[かみろ・こんすたんつぉ] 1605年に来日したイエズス会宣教師。1614年にマカオへ追放されたが、1621年に密かに日本へ潜入して平戸一帯で宣教を行った。1622年に宇久島で捕縛され、田平の焼罪で殉教した。

三廊式

[さんろうしき] 教会建築では、入口から祭壇に向かっていくつかの廊が伸びている。廊のうち中央に設けられる最も天井が高い部分は「身廊」と呼ばれ、身廊の両脇に設けられる天井の低い廊が「側廊」と呼ばれる。身廊の両側にそれぞれ1つずつ側廊がある場合は「三廊式」、2つずつ側廊がある場合は「五廊式」。

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

身廊

[しんろう] 教会の入口から主祭壇に向かう中央通路部分を指す。

側廊

[そくろう] 教会建築において,身廊の両側に平行に走る部分。

鉄川与助

[てつかわよすけ] 上五島出身の棟梁、建築家。ド・ロ神父に教会建築の指導を受け、後に独自に数多くの教会堂の建築に携わった。

Marc Marie de Rotz

[Marc Marie de Rotz] test

人名・用語辞典(en) >>

Map & Access

View Map

Related Columns

Related Components

トップ