おらしょ こころ旅

田平天主堂/ たびらてんしゅどう

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 撮影:日暮雄一

  • 平戸島対岸の南田平集落にある教会堂で、1918年に鉄川与助(てつかわよすけ)の設計・施工により建設された。
  • 1622年、イタリア人宣教師カミロ・コンスタンツォが殉教したことで知られる。
  • 1879年に外海に着任したド・ロ神父は、貧困に苦しむ出津集落の信徒の自立を促すとともに、一部を田平に移住開拓させたため、田平にも信徒の集落が形成された。
  • 内部は三廊式平面で、身廊しんろう側廊そくろうにそれぞれ独立した屋根がかかり、正面中央に八角形のドーム型の屋根を備えた鐘塔を持つ。
  • 天井はリブ・ヴォールト天井。主構造の煉瓦は英国式に積まれており、この装飾的な煉瓦壁が意匠的特徴である。
  • 鉄川の工事記録には、日本の伝統的な上棟式が2日間にわたって挙行されたことが書かれており、1日目が男性、2日目が女性を招いて行われ、(日本では一般に神主がつかさどるが)神父が執り行った。
関連する人名・用語
カミロ・コンスタンツォ

[かみろ・こんすたんつぉ] 1605年に来日したイエズス会宣教師。1614年にマカオへ追放されたが、1621年に密かに日本へ潜入して平戸一帯で宣教を行った。1622年に宇久島で捕縛され、田平の焼罪で殉教した。

三廊式

[さんろうしき] 教会建築では、入口から祭壇に向かっていくつかの廊が伸びている。廊のうち中央に設けられる最も天井が高い部分は「身廊」と呼ばれ、身廊の両脇に設けられる天井の低い廊が「側廊」と呼ばれる。身廊の両側にそれぞれ1つずつ側廊がある場合は「三廊式」、2つずつ側廊がある場合は「五廊式」。

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

身廊

[しんろう] 教会の入口から主祭壇に向かう中央通路部分を指す。

側廊

[そくろう] 教会建築において,身廊の両側に平行に走る部分。

鉄川与助

[てつかわよすけ] 上五島出身の棟梁、建築家。ド・ロ神父に教会建築の指導を受け、後に独自に数多くの教会堂の建築に携わった。

ド・ロ(マルク・マリー・ド・ロ)

[ど・ろ] パリ外国宣教会の宣教師。1868年に教区司祭として長崎に上陸。大浦天主堂にて石版による教理書の印刷などを行った後、1879年から外海の主任司祭として赴任、救助院の設立など様々な福祉活動を行った。建築への造詣も深く、出津教会堂と大野教会堂の建築を手がけた。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

JR佐世保駅から「たびら平戸口駅」まで松浦鉄道(約1時間20分)
→たびら平戸口駅から天主堂までタクシー(約10分)
※松浦鉄道について、詳しくは松浦鉄道ホームページをご覧ください。

【佐世保駅までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
    ※バスについて、詳しくは西肥バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ