おらしょ こころ旅

島原の乱時の鍛冶水盤/ しまばらのらん じの かじすいばん

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 島原の乱時の鍛冶水盤

  • 島原・天草一揆の際、湯島には島原と天草の切支丹教徒らが集まり、湯島の峯の盆地で群議や決起の準備を行ったといわれている。この鍛冶水盤は、湯島の峯地区の畑の中から鉄くずや鏃とともに発見された。
  • 天草郡御領大島の鍛冶職人が湯島を訪れた際に持ち帰り、大島の浄泉寺に寄進された。鍛冶水盤は、島原・天草一揆の準備の際に武器を鍛冶が作った際に利用されたと言い伝えられており、昭和6年ごろ、湯島小学校の校長らが中心となり、浄泉寺から譲り受けた。その後、湯島村村長の計らいにより、諏訪神社に安置されている。

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • 上天草市大矢野町江樋戸港の湯島行き定期船乗り場から、湯島行き定期船に乗船(大人片道600円、乗船時間25分)。
  • 湯島港から徒歩約5分。

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ