おらしょ こころ旅

Component

Nagasaki

Shitsu church

  • 撮影:松尾順造

  • In September 1865, following the Discovery of the Hidden Christians at Nagasaki’s Oura Cathedral in March of the same year, Father Petitjean (the priest to whom they had confessed their faith) visited Sotome and successfully made contact with Hidden Christians living there.
  • After the lifting of the ban on Christianity, Father Pelu built a temporary church in Shitsu and undertook missionary work. In 1879, Father de Rotz was appointed to Shitsu He soon designed and built Shitsu church, which was consecrated in 1882.
  • The church has two bell towers, giving it a distinctive appearance. These were added during extension work in 1891 and 1909.
  • The church is made of bricks which have been covered over with plaster. One of its unusual features is the area around the altar, which is semicircular in shape and is level with the rest of the church.
  • It is thought that the church’s low roof was built in order to protect it from strong coastal winds.

Related Keywords

漆喰

[しっくい] 瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる建材で、大浦天主堂や出津教会堂などの表面に塗られている。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

身廊

[しんろう] 教会の入口から主祭壇に向かう中央通路部分を指す。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

Marc Marie de Rotz

[Marc Marie de Rotz] test

パリ外国宣教会

[ぱりがいこくせんきょうかい] フランスのパリに本部を置くカトリック教会の宣教組織で、幕末以降の日本のカトリック教会の再建に携わった。

プティジャン(ベルナール・プティジャン)

[ぷてぃじゃん] パリ外国宣教会の宣教師。1860年に琉球、1862年に横浜に上陸。1863年8月に長崎に入り、大浦天主堂の建設に着手して、1865年2月に献堂式を行った。直後の「信徒発見」で、潜伏キリシタンとの邂逅を果たした。

人名・用語辞典(en) >>

Map & Access

View Map

JR長崎駅前から出津文化村まで長崎バス(約1時間6分)→徒歩約15分
大野教会堂の最寄りのバス停である大野から出津文化村まで長崎バス(約4分)
※バスの時間については、長崎バスホームページをご覧ください。

【JR長崎駅前までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から長崎駅前までリムジンバス(県営、長崎バス)(約40分)
    ※詳しくは、長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から長崎駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、インフォメーションセンターのホームページ をご覧ください。

Related Columns

  • Nagasaki

    Walls which have the air of southern Europe

    After arriving in Sotome, Father de Rotz came up with a new way of building walls. These walls have become known as “doro kabe” (“de Rotz walls”) and were made using stones from the local area. They have the air of southern Europe.

  • Nagasaki

    外海のかくれキリシタン

    外海には、信仰が自由になってからも教会に復帰せず、
    潜伏時代からの信仰を守り続ける方々がいる。

  • Nagasaki

    ド・ロ神父の決意

    外海の人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、フランスの実家から譲り受けたすべての財産を外海に捧げた。

  • Nagasaki

    外海のシンボル、出津教会堂

    外海に赴任したド・ロ神父は、人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、
    特に女性たちに自立して生きることができる力を身につけさせた。

  • Nagasaki

    ひっそりとたたずむ教会堂

    ひっそりと奥まった場所に立つ大野教会堂は、
    見晴らしの良い場所に立つ出津教会堂とは対照的である

  • Nagasaki

    年に一度だけのミサ

    大野教会堂は、ド・ロ神父が建てた出津教会堂の巡回教会堂。
    今は年に一度だけ記念のミサが行われる。

  • Goto

    教会堂に残る鉄川与助のメッセージ

    鉄川与助の思いが随所に見られる教会堂建築。
    祭壇もそのひとつである。

トップ