おらしょ こころ旅

出津教会堂/ しつきょうかいどう

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 撮影:松尾順造

  • 19世紀の開国にともない来日したパリ外国宣教会のプティジャン神父は、1865年3月の大浦天主堂における「信徒発見」の後、同年9月に外海地方に赴き、多くの潜伏キリシタンと接触した。
  • 1873年にキリスト教が解禁されると、ペリュー神父が出津に仮聖堂を建てて宣教を行った。
  • 1879年にド・ロ神父が外海に着任した後、1882年に自ら設計し、新たに建設したのが出津教会堂である。
  • 1891年および1909年の身廊しんろう方向への増改築によって、教会は水平性が強調された印象を与える独特の外観となった。
  • 主構造は煉瓦造りで、煉瓦の表面を漆喰で塗っている。
  • 天井は、中央部をわずかにむくらせた平天井。低い屋根は海からの強風を意識したものと考えられ、屋根の上の白い格子状のパターンは瓦(かわら)の目地漆喰によるものである。
関連する人名・用語
漆喰

[しっくい] 瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる建材で、大浦天主堂や出津教会堂などの表面に塗られている。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

身廊

[しんろう] 教会の入口から主祭壇に向かう中央通路部分を指す。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

ド・ロ(マルク・マリー・ド・ロ)

[ど・ろ] パリ外国宣教会の宣教師。1868年に教区司祭として長崎に上陸。大浦天主堂にて石版による教理書の印刷などを行った後、1879年から外海の主任司祭として赴任、救助院の設立など様々な福祉活動を行った。建築への造詣も深く、出津教会堂と大野教会堂の建築を手がけた。

パリ外国宣教会

[ぱりがいこくせんきょうかい] フランスのパリに本部を置くカトリック教会の宣教組織で、幕末以降の日本のカトリック教会の再建に携わった。

プティジャン(ベルナール・プティジャン)

[ぷてぃじゃん] パリ外国宣教会の宣教師。1860年に琉球、1862年に横浜に上陸。1863年8月に長崎に入り、大浦天主堂の建設に着手して、1865年2月に献堂式を行った。直後の「信徒発見」で、潜伏キリシタンとの邂逅を果たした。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

JR長崎駅前から出津文化村まで長崎バス(約1時間6分)→徒歩約15分
大野教会堂の最寄りのバス停である大野から出津文化村まで長崎バス(約4分)
※バスの時間については、長崎バスホームページをご覧ください。

【JR長崎駅前までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から長崎駅前までリムジンバス(県営、長崎バス)(約40分)
    ※詳しくは、長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から長崎駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

  • 南欧の香りただようド・ロ壁

    外海の石を積み重ねて作ったド・ロ壁は、独特の雰囲気をかもし出す。
    130年の歳月を経ても崩れないその頑丈さに驚く。

  • 外海のかくれキリシタン

    外海には、信仰が自由になってからも教会に復帰せず、
    潜伏時代からの信仰を守り続ける方々がいる。

  • ド・ロ神父の決意

    外海の人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、フランスの実家から譲り受けたすべての財産を外海に捧げた。

  • 外海のシンボル、出津教会堂

    外海に赴任したド・ロ神父は、人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、
    特に女性たちに自立して生きることができる力を身につけさせた。

  • ヴォスロール村と外海

    ド・ロ神父は、フランスのヴォスロール村の出身。
    それが縁で今も外海とヴォスロール村は姉妹都市の関係にある。

  • ひっそりとたたずむ教会堂

    ひっそりと奥まった場所に立つ大野教会堂は、
    見晴らしの良い場所に立つ出津教会堂とは対照的である

  • 年に一度だけのミサ

    大野教会堂は、ド・ロ神父が建てた出津教会堂の巡回教会堂。
    今は年に一度だけ記念のミサが行われる。

  • 教会堂に残る鉄川与助のメッセージ

    鉄川与助の思いが随所に見られる教会堂建築。
    祭壇もそのひとつである。

トップ