おらしょ こころ旅

里道/ さとみち

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 野首集落と舟森集落を結ぶ里道(提供:小値賀町教育委員会)

  • 野首集落跡と舟森集落跡の間の南北2kmをつなぐ里道で、幅0.8〜1.0mの自然道である。
  • 野首教会、瀬戸脇教会がともに仲知小教区に属していた時代は、どちらか片方でミサが行われ、その際に信徒は里道を歩いてミサに通った。
関連する人名・用語
教区

[きょうく] カトリック教会は各教区に分けられており、教区の責任者を司教という。教区はさらに小教区に分けられ、責任者が置かれている。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

小値賀港から野崎港まで町営船(約35分)
※見学を希望される場合は、事前におぢかアイランドツーリズム協会にご連絡ください。(電話番号:0959-56-2646)
※町営船について、詳しくは小値賀町ホームページをご覧ください。
※町営船は、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。

【小値賀港までのアクセス】

  • 佐世保港から小値賀港まで高速船(約1時間25分)、佐世保港から小値賀港までフェリー(約2時間40分)
    ※詳しくは、九州商船ホームページをご覧ください。
  • 博多港(福岡県)から小値賀港までフェリー(約5時間20分)
    ※詳しくは、野母商船ホームページをご覧ください。
  • 高速船やフェリーは、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。

【佐世保港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    →佐世保駅から佐世保港まで徒歩(約15分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    →佐世保駅から佐世保港まで徒歩(約15分)
    ※JRについて、詳しくはJRおでかけネットをご覧ください。

【博多港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から福岡空港まで(約1時間40分)、名古屋から福岡空港まで(約1時間10分)、大阪(伊丹・関西)から福岡空港まで(約1時間)
    →福岡空港から博多駅まで地下鉄(約10分)
    →博多駅から博多ふ頭まで西鉄バス(約15分)
    ※飛行機について、詳しくは福岡空港ホームページをご覧ください。
    ※西鉄バスについて、詳しくは西鉄バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から博多ふ頭まで西鉄バス(約15分)
    ※JRについて、詳しくはJRおでかけネットをご覧ください。
    ※西鉄バスについて、詳しくは西鉄バスホームページをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

  • キリシタン集落をつないだ里道

    野首と舟森の二つの集落を結ぶ約2.8kmの険しい里道は、
    100年以上にわたり信徒たちが踏みしめた祈りの道である。

  • 舟森の思い出

    舟森集落の人々は、1966年に島外に集団移住した。
    小値賀島に住む唯一の舟森出身者の方に聞いた。

トップ