おらしょ こころ旅

Component

Shimabara/Amakusa

Sakitsu church

  • A church built in a small fishing village on Shimoshima island in Amakusa (which is part of Kumamoto prefecture).
  • After the ban on Christianity was lifted, the Hidden Christians in Sakitsu chose to formally rejoin the Catholic Church. In 1880, a wooden church was constructed adjacent to Sakitsusuwa shrine.
  • The present church was constructed in 1934 under the guidance of Father Halbout. It stands where the residence of the village headsman once was, which is where e-fumi ceremonies were performed during the ban on Christianity. These ceremonies involved having to trample on an image of Christ or the Virgin Mary (known as a fumie) in order to prove that you were not a Christian.
  • The inside of the church has a tatami floor, giving it the air of a traditional Japanese house.

Related Keywords

絵踏

[えふみ] 禁教時代に、聖画像やメダイ、十字架などを足で踏ませることにより、キリシタンを探索し、棄教させるために行われた方法。踏ませた絵や像のことを「踏絵」という。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

鉄川与助

[てつかわよすけ] 上五島出身の棟梁、建築家。ド・ロ神父に教会建築の指導を受け、後に独自に数多くの教会堂の建築に携わった。

ハルブ(オギュスタン・アルフォンス・ピエール・ハルブ)

[はるぶ] パリ外国宣教会の宣教師。1889年に来日し、長崎、奄美、大分などを経て、1927年に天草・﨑津に赴任。以来17年間、﨑津教会の主任司祭として活動し、禁教時代に絵踏が行われた庄屋役宅跡に、現在の﨑津教会を建築した。

人名・用語辞典(en) >>

Map & Access

View Map

Related Columns

Related Components

トップ