• ロザリオ館は、1933年にフランス人宣教師ガルニエ神父が信徒とともに建てた大江おおえ天主堂のそばにある。
  • 天草の﨑津さきつや今富と同じように、かくれキリシタンの里であった大江には、潜伏しながら信仰を続けていくため、さまざまな祈りの道具が生まれた。
  • 仏教のお経を封じ込めるための「経消きょうけしのつぼ」は、葬儀の時、かくれキリシタンのリーダーが別の部屋に控え、仏教のお経に合わせて隠れ言葉を唱えながら、お経を壺の中に封じ込め死者を送っていた。
  • 館内には、背中に十字架が描かれたマリア観音、ひそかにオラショ(お祈り)を唱えていたかくれ部屋が復元されており、天草のかくれキリシタンの歴史を学ぶことができる。