おらしょ こころ旅

Component

Nagasaki

Ono church

  • Built for 26 Christian households living in the vicinity of Ono, as a peripatetic church of Shitsu church.
  • The church is a one-storey building made of stone and wood. It has brick window arches, and highly distinctive walls known as “de Rotz walls”. These were made using basalt from the local area, which has been fastened together using a special mix of red soil, caustic lime and sand. Inside, the church has a flat ceiling
  • The church has a roof truss structure. On the north side, there is an irregular hipped roof, and on the south side there is a gable roof. In front of the entrance on the north side is a “de Rotz wall”, which serves as a vertical windbreak.
  • The church’s stonework is of the same kind as that which has traditionally been used to build houses in the local area. This stonework and the church’s western-style roof trusses together constitute a fusion of Eastern and Western construction techniques.
  • Built in the same basic way as houses in this area traditionally have been, Ono church is a church rich in local character. Its unusual architecture tells of the simplicity of the faith which took root here.

Related Keywords

司祭

[しさい] 神父のこと。主任司祭とは、司教から小教区を託された司祭で、規模に応じて助任司祭が置かれることもある。

漆喰

[しっくい] 瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる建材で、大浦天主堂や出津教会堂などの表面に塗られている。

巡回教会

[じゅんかいきょうかい] 教会堂に司祭(神父)が常駐せずに、ミサの時だけ訪れる教会のこと。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

Marc Marie de Rotz

[Marc Marie de Rotz] test

人名・用語辞典(en) >>

Map & Access

View Map

JR長崎駅前から大野まで長崎バス(約1時間10分)
→徒歩約10分
出津教会堂の最寄りのバス停である出津文化村から大野まで長崎バス(約4分)
※バスの時間については、長崎バスホームページをご覧ください。

【JR長崎駅前までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から長崎駅前までリムジンバス(県営、長崎バス)(約40分)
    ※詳しくは、長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から長崎駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

Related Columns

  • Nagasaki

    ひっそりとたたずむ教会堂

    ひっそりと奥まった場所に立つ大野教会堂は、
    見晴らしの良い場所に立つ出津教会堂とは対照的である

  • Nagasaki

    年に一度だけのミサ

    大野教会堂は、ド・ロ神父が建てた出津教会堂の巡回教会堂。
    今は年に一度だけ記念のミサが行われる。

  • Nagasaki

    世界にひとつだけ

    大野教会堂は、民家造りにもかかわらず、ド・ロ壁や玄関前の風よけなど、
    建築的に注目すべき点が多い。

  • Nagasaki

    Walls which have the air of southern Europe

    After arriving in Sotome, Father de Rotz came up with a new way of building walls. These walls have become known as “doro kabe” (“de Rotz walls”) and were made using stones from the local area. They have the air of southern Europe.

  • Nagasaki

    ド・ロ神父の決意

    外海の人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、フランスの実家から譲り受けたすべての財産を外海に捧げた。

トップ