おらしょ こころ旅

南蛮船来航の地/ なんばんせんらいこうのち

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 南蛮船来航の地

  • 口之津港は、古くから多数の船が交易に来る港であった。1562年、有馬義直(のちの義貞)によりポルトガル船の寄港地として許され、南蛮貿易港として開かれた。
  • 1563年、義貞の招きによりルイス・デ・アルメイダが教会を開き、翌年、宣教活動の主要人物だったトーレス神父が赴任。1579年、ヴァリニャーノ司祭により、全国宣教師会議が口之津で開催されるなど、日本におけるキリスト教布教の根拠地として栄えた。
  • 1567年から1582年までにポルトガル船が5回入港している。明治期には三池炭鉱が産出する石炭を輸出する中継港として繁栄した。

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • 島原鉄道「口之津駅」から徒歩(約5分)

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ