おらしょ こころ旅

中江ノ島/ なかえのしま

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • (撮影:日暮雄一)

  • 長崎県平戸島北西岸の沖合2kmに位置する長さ400m、幅50mの無人島。
  • 禁教時代初期に平戸藩によってキリシタンの処刑が行われた記録がある。
  • 春日など平戸島西海岸の潜伏キリシタンにとって、岩からしみ出す聖水を採取する「お水取り」が行われる重要な聖地である。
  • 現在も地域の人々からは「サンジュワン様」「御三体様」「おむかえ様」とも呼ばれている。
関連する人名・用語
潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

※上陸不可。
※基本的にどこからでも見られます。

佐世保駅前から平戸桟橋まで西肥バス(約90分)
※平戸桟橋からはレンタカー、観光タクシーのご利用をおすすめします。詳しくは、平戸観光協会ホームページをご覧ください。

【佐世保駅までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
    ※バスについて、詳しくは西肥バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ