おらしょ こころ旅

旧出津救助院/ きゅうしつきゅうじょいん

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 旧出津救助院の授産場跡(撮影:竹口進也)

  • 当時、聖体拝領用のパンを焼いていたという釜(重い!)。事前に相談すれば体験することも可能((撮影:竹口進也)

  • 祭壇には、ド・ロ神父がフランスから取り寄せたという聖母像と聖ヨゼフ像、博愛事業の保護者である聖ヴィンセンシオ・ア・パウロの像が置かれている(撮影:竹口進也)

  • ド・ロ神父が取り寄せたドイツ製のメリヤス編み機(撮影:松尾順造)

  • ド・ロ神父が地域の女性たちの自立を支援するため、1883年に建設した授産施設である。
  • 授産場、マカロニ工場、いわし網工場などの建物からなり、地域の信徒にとって製粉や製めんなどを行い、様々な商品が生産された。
  • ド・ロ神父は、建築用の工具や農具などを外国から取り寄せ、図解を用いるなどして地域の住民に使い方を教えた。
  • 授産場は、木造および石造、地下貯蔵庫付きの2階建て。マカロニ工場は、煉瓦造りの建物で内外を漆喰で塗っている。鰯網工場は、地下貯蔵庫付きの木骨煉瓦造りの平屋建てで、南側の玄関前にはド・ロ壁を直立させ風よけとしている。
  • 現在、これらの建物は地域の歴史や文化を紹介し、当時の作業を体験する施設として一般に公開されている。
関連する人名・用語
漆喰

[しっくい] 瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる建材で、大浦天主堂や出津教会堂などの表面に塗られている。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

ド・ロ(マルク・マリー・ド・ロ)

[ど・ろ] パリ外国宣教会の宣教師。1868年に教区司祭として長崎に上陸。大浦天主堂にて石版による教理書の印刷などを行った後、1879年から外海の主任司祭として赴任、救助院の設立など様々な福祉活動を行った。建築への造詣も深く、出津教会堂と大野教会堂の建築を手がけた。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

JR長崎駅前から出津文化村まで長崎バス(約1時間6分)→徒歩約10分
※バスの時間については、長崎バスホームページをご覧ください。

【JR長崎駅前までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から長崎駅前までリムジンバス(県営、長崎バス)(約40分)
    ※詳しくは、長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から長崎駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

  • ド・ロ神父の愛は今も

    外海には、ド・ロ神父の愛の精神を伝えようと活動する人たちが多い。
    そのひとつが「ド・ロさまの家」である。

  • ド・ロ神父のものづくり

    ド・ロ神父はものづくりの名人であった。
    しかも、原料に使う小麦なども自分たちで栽培していた。

  • ヴォスロール村と外海

    ド・ロ神父は、フランスのヴォスロール村の出身。
    それが縁で今も外海とヴォスロール村は姉妹都市の関係にある。

  • 130年前のオルガン

    旧出津救助院2階の古いオルガンは、ド・ロ神父がフランスから取り寄せた。
    現在はシスターが見学者のために弾いてくれる。

  • ド・ロ神父の決意

    外海の人々のあまりの貧しさに衝撃を受け、フランスの実家から譲り受けたすべての財産を外海に捧げた。

  • 海をのぞむお城のような教会堂

    無人の島の高台に建つ旧野首教会堂。
    鉄川与助が初めて手がけたといわれる教会堂は、細部の装飾まで美しい。

トップ