おらしょ こころ旅

黒島天主堂/ くろしまてんしゅどう

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • (撮影:松尾順造)

  • 平戸島の南東、佐世保港沖に位置する黒島にある教会堂である。
  • 黒島へは18世紀に島外から入植が行われ、入植者の中には外海地方などからの潜伏キリシタンが含まれていた。
  • 1865年の大浦天主堂における「信徒発見」の後、黒島の潜伏キリシタンも大浦天主堂を密かに訪れて宣教師と接触した。
  • 彼らは宣教師から教理や洗礼について指導を受け、1873年にキリスト教が解禁されると全員がカトリックへ復帰した。
  • 復帰当初は、信仰組織の指導者の家を仮聖堂としたが、1880年には信徒たちが竹や松材など、地元で産出する資材を寄付して最初の小さな教会堂が建てられた。
  • 1897年に来島したフランス人のマルマン神父の設計で、1900年に現在の教会堂の建設が始められ、1902年に完成し祝別された。
  • 国内でも大型の煉瓦造りの教会堂である。
関連する人名・用語
教理

[きょうり] 宗教上の教え。

祝別

[しゅくべつ] 祝福とも言い、神の特別の恵みを受ける祝いのミサ。

信徒発見

[しんとはっけん] まだ禁教が明けていない1865年、長崎の外国人居留地に創建された大浦天主堂において、浦上の潜伏キリシタン数人が約250年ぶりに神父に信仰を告白したできごと。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

洗礼

[せんれい] キリスト教徒になるための儀式で、「マリア」や「フランシスコ」などの洗礼名(クリスチャンネーム)をもらう。

マルマン(ジョゼフ・フェルディナン・マルマン)

[まるまん] パリ外国宣教会の宣教師。1876年に来日し、奄美・琉球での宣教を経て、1880年に五島主任司祭として下五島赴任。その後、伊王島、奄美を経て1897年に黒島に赴任し、黒島天主堂の建設に尽力した。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

佐世保市相浦港から黒島白馬港までフェリー(約50分)
→徒歩(約30分)
※フェリーについて、詳しくは黒島旅客船有限会社ホームページをご覧ください。
※フェリーは、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。

【佐世保市相浦港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    →佐世保駅から相浦桟橋まで佐世保市営バスまたは西肥バス(約30分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
    ※バスについて、詳しくは佐世保市営バスホームページまたは西肥バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

※詳しくは、長崎の教会群インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ