おらしょ こころ旅

県北

興禅寺 / こうぜんじ

  • 興禅寺の写真

  • 1700年代半ばに創建された曹洞宗の寺院。享和3年(1803)には津吉の長泉寺の末寺となるなど篤く信仰されていた。
  • 黒島唯一の寺として、島民はすべて檀家として寺に所属していた。
  • 寺にある釣鐘には文化11年(1814)の銘が刻まれており、鐘の銘文には黒島の人口が増えていたことや、寄進者として潜伏キリシタンの名前が記されている。
  • 禁教下において長期の潜伏を可能とした「不干渉という共存」の様子を示す物証といえる。

地図・交通アクセス

地図はこちら

佐世保させぼ市相浦港から黒島くろしま白馬港までフェリー(約50分)
→徒歩(約10分)
※フェリーについて、詳しくは黒島旅客船有限会社ホームページをご覧ください。
※フェリーは、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。
※白馬港そばにある観光案内所「黒島ウェルカムハウス」にて、電動アシスト自転車を貸し出しています。(有料)

【佐世保市相浦港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    →佐世保駅から相浦桟橋まで佐世保市営バスまたは西肥バス(約30分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
    ※バスについて、詳しくは西肥バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

 

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ