おらしょ こころ旅

吉利支丹墓碑/ きりしたんぼひ

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 1959年に国史跡となった半円柱のふた石型のキリシタン墓碑。
  • 石材は砂岩。均整のとれたフォルム、3種類の十字紋と碑文が刻まれているのが特徴。
  • 日本語の音読をそのままポルトガル式つづりのローマ字で表現した碑文は日本で最古のもの。西暦と元号の両方が記されているのは珍しい。
  • 1929年に地中から発見された。

地図・交通アクセス

地図はこちら

諫早駅前から南島原市役所前まで島鉄バス(約1時間50分)
→徒歩(約15分)
※バスについて、詳しくは島原鉄道グループホームページをご覧ください。

【諫早駅までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から諫早駅前までバス(約30分)
    ※詳しくは、長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで約5時間、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から諫早駅まで(約1時間30分)
    長崎駅から諫早駅まで(約20分)
    ※詳しくは、JRおでかけネットをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ