おらしょ こころ旅

川棚町のキリシタン墓碑/ かわたなちょうのきりしたんぼひ

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 川棚町のキリシタン墓碑

  • 明歴3年(1657)、大村藩は郡崩れ(郡村中心の約600名の潜伏キリシタン摘発事件)のあと、領内のキリシタン墓を徹底的に破却させたが、これは偶然その難を免れたもの。
  • 元和8年(1622)に死亡した富永二介妻の墓で高さ76cmの自然石に和洋折衷の碑銘があるのは全国的にも珍しいと言われる。

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • 川棚駅から徒歩10分

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ