• 1614年に禁教令が出されて以降、キリシタンへの取り締まりはいっそう厳しさを増したが、外海(そとめ)地方の多くのキリシタン信者たちは潜伏して信仰を守り続けた。
  • 黒崎地方の潜伏キリシタンたちは枯松の山頂にひそかに集まり、オラショを伝承してきた。
  • 明治時代に入ると、この地に神社を建立し、日本人指導者バスチャンの師であるサン・ジワンをまつった。
  • 付近には、板石を伏せて置くキリシタン墓が残っている。