おらしょ こころ旅

今村刑場跡/ いまむらけいじょうあと

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 松倉重政が島原城築城の頃、重罪人の首をはね、見せしめにさらし首とした場所。
  • キリシタンを厳しく取締まった藩主・松倉重政がイタリア人宣教師ナバルロ神父、大村領信者56人の処刑など多くのキリシタン信者の処刑を繰返した。
  • 寛政4(1792)年の島原大変でこの場所も一旦埋没したが、その後も引き続き処刑場となり、明治3(1875)年まで使用された。
  • 天保14(1843)年10月に藩医の市川泰朴や賀来佐一郎たちが、ここで処刑された罪人の解剖を行い、医学の発展に貢献した。市川泰朴による解体図は現在、市の文化財として肥前島原松平文庫(島原図書館内)に保管され、島原城資料館に複製品が展示されている。

地図・交通アクセス

地図はこちら

島原鉄道「島原駅」から車で10分

島原鉄道「島原外港駅」から車で5分、徒歩で30分

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ