おらしょ こころ旅

獄門所跡/ ごくもんしょあと

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 明暦3年(1657)603人の潜伏キリシタンが発覚した大事件「郡崩れ」に関係する。
  • 郡崩こおりくずれの際、殉教した131人の首を20日間みせしめのため、さらした場所である。
  • 立て札には131人の名前と「この者百三十一人切支丹宗門につき斬罪せしめる所なり」と書かれてあり、親類縁者らによる盗難を防ぐため、番人として足軽4人、百姓2人をつけ、2人ずつ交代して番をさせたと伝えられる。
  • 現在は、ここに、白い無原罪の聖母像が建てられ、遠い昔の殉教者たちの霊をやさしく慰めている。
関連する人名・用語
崩れ

[くずれ] 禁教下、厳しい取締や密告によって、キリシタンの信仰組織(集落)が壊れる(崩れる)こと。大規模なキリシタン検挙事件を指し、大村の郡崩れ、浦上崩れ(1〜4番)、五島崩れなどがある。

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • バス停「松並公園前」から徒歩(約5分)

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ