おらしょ こころ旅

舟森集落跡/ ふなもりしゅうらくあと

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 舟森の集落跡(撮影:竹口進也)

  • 瀬戸脇教会跡(撮影:竹口進也)

  • 野崎島の南端に位置し、屋敷跡、耕作地跡、墓地、瀬戸脇教会跡、里道からなる。
  • 野首集落と同様、1877年頃の字図(あざず)と現在の状況を比較すると、集落のほぼ全域が当時の土地利用のあり方をほぼ留めている。
  • 瀬戸脇教会は、1882年に舟森集落内に建てられた教会堂だが、現在では建物はのこっていない。

地図・交通アクセス

地図はこちら

小値賀港から野崎港まで町営船(約35分)
※見学を希望される場合は、事前におぢかアイランドツーリズム協会にご連絡ください。(電話番号:0959-56-2646)
※町営船について、詳しくは小値賀町ホームページをご覧ください。
※町営船は、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。

【小値賀港までのアクセス】

  • 佐世保港から小値賀港まで高速船(約1時間25分)、佐世保港から小値賀港までフェリー(約2時間40分)
    ※詳しくは、九州商船ホームページをご覧ください。
  • 博多港(福岡県)から小値賀港までフェリー(約5時間20分)
    ※詳しくは、野母商船ホームページをご覧ください。
  • 高速船やフェリーは、天候や波の状況などにより時間の遅れや欠航が生じる場合がありますのでご注意ください。

【佐世保港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から長崎空港まで(約1時間45分)、名古屋から長崎空港まで(約1時間25分)、大阪(伊丹・関西)から長崎空港まで(約1時間15分)
    →長崎空港から佐世保駅前まで西肥バス(約1時間45分)、長崎空港から佐世保駅みなと口まで乗合ジャンボタクシー(約55分)
    →佐世保駅から佐世保港まで徒歩(約15分)
    ※飛行機について、詳しくは長崎空港ホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から佐世保駅まで(約1時間50分)
    →佐世保駅から佐世保港まで徒歩(約15分)
    ※JRについて、詳しくはJRおでかけネットをご覧ください。

【博多港までのアクセス】

  • 飛行機利用の場合
    東京(羽田)から福岡空港まで(約1時間40分)、名古屋から福岡空港まで(約1時間10分)、大阪(伊丹・関西)から福岡空港まで(約1時間)
    →福岡空港から博多駅まで地下鉄(約10分)
    →博多駅から博多ふ頭まで西鉄バス(約15分)
    ※飛行機について、詳しくは福岡空港ホームページをご覧ください。
    ※西鉄バスについて、詳しくは西鉄バスホームページをご覧ください。
  • JR利用の場合
    東京駅から博多駅まで(約5時間)、名古屋駅から博多駅まで(約3時間20分)、新大阪駅から博多駅まで(約2時間30分)
    →博多駅から博多ふ頭まで西鉄バス(約15分)
    ※JRについて、詳しくはJRおでかけネットをご覧ください。
    ※西鉄バスについて、詳しくは西鉄バスホームページをご覧ください。

※詳しくは、インフォメーションセンターのホームページをご覧ください。

この登録資産にかかわりのあるコラム

  • 舟森の「だんな様」

    小値賀島で民宿を営む田口富三郎さんの先祖は、
    舟森に最初に住み着いた親子を助けたと伝えられている。

トップ