おらしょ こころ旅

胴塚跡/ どうづかあと

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 明暦3年(1657)603人の潜伏キリシタンが発覚した大事件「郡崩れ」に関係する。
  • 郡崩こおりくずれで、処刑されたキリシタン131人の胴体を埋めた場所といわれている。
  • 受刑者の首が埋められたとされる「首塚」から約500m離れている。
  • キリシタンの妖術で、つながることを恐れて首と胴を分けて埋めた。
  • 現在は、少し離れた竹林に祈りの像の殉教顕彰碑が建てられている。
関連する人名・用語
崩れ

[くずれ] 禁教下、厳しい取締や密告によって、キリシタンの信仰組織(集落)が壊れる(崩れる)こと。大規模なキリシタン検挙事件を指し、大村の郡崩れ、浦上崩れ(1〜4番)、五島崩れなどがある。

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

潜伏キリシタン

[せんぷくきりしたん] 禁教時代に、表向き仏教徒として生活し、密かに信仰を継承した信徒たちのこと。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • バス停「桜馬場」から徒歩(約5分)

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ