おらしょ こころ旅

千々石ミゲル像/ ちぢわみげるぞう

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • 千々石ミゲル像

  • 千々石ミゲルは、千々石城主であった千々石大和守直員の子である。
  • 天正10年(1582)、イエズス会巡察使ヴァリニャーノの立案により、ローマ法王のもとに少年使節が派遣された。
  • 選ばれた正使は、千々石ミゲル、伊東マンショ、原マルチノ、中浦ジュリアンの4人の少年たちであった。
  • 8年にわたる船旅の苦難は想像を絶するものであったであろう。遣欧少年使節の功績は、日本文化史上、記念すべきものであったが、彼らが帰国する頃には、キリシタン禁制の国策がとられ、キリスト教を自由に信仰することが困難になりつつあった。
  • 4人の少年の帰国後の生き方は、それぞれ異なる道をたどったが、日本と西洋の橋渡しとして果たした役割は大きいものがある。

地図・交通アクセス

地図はこちら
  • 島鉄「橘神社前」バス停下車 徒歩約1分

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ