おらしょ こころ旅

土井ノ浦教会カリスト資料館/ どいのうらきょうかいかりすとしりょうかん

  • この登録資産のコラムを読む
  • 同じエリアの他の登録資産を見る
  • アワビの中央に見える波立った部分を、マリア様として手を合わせていたと考えられている。

  • 教会の敷地には、1624年に55歳で殉教した伝道師カリストをたたえ、「カリスト殉教顕彰碑」が建っている。

  • 若松島の信徒の家から発見された貴重な資料を展示。

  • カリスト資料館」は、若松わかまつ島の土井ノ浦教会に併設されており、1600年代の潜伏時代からかくれ時代に至るまでのキリシタン資料と遺物などが集められている。
  • 木箱に入った十字架と御像、また隠し持っていたオラショなど、どれもキリシタンが大切に受け継いできた貴重なものばかり。海の恵みを信仰の対象としてきたことがわかる「アワビの貝殻」はとても興味深いものである。
  • 若松島で殉教した伝道師「カリスト」の名を冠した資料館で、信仰を貫いた人々の想いを感じてほしい。
関連する人名・用語
オラショ

[おらしょ] 16世紀に伝わったラテン語・ポルトガル語の祈りの言葉(oratio) 。

殉教

[じゅんきょう] キリスト教の信仰や道徳を捨てるよりも、死を選んで神に命を捧げること。

人名・用語辞典 >>

地図・交通アクセス

地図はこちら

奈良尾港から車で30分

この登録資産にかかわりのあるコラム

トップ