おらしょ こころ旅

2017年12月4日

大浦天主堂の工事に関するお知らせ

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である国宝・ 大浦天主堂では現在、外壁の塗り替え等の工事(美装化事業)が行われています。
工事期間中も見学することはできますが、安全のため見学ルートが一部変更されています。
なお、この工事に並行して、大浦天主堂敷地内にある旧羅典神学校の展示内容の改修も行われています。
期間中は旧羅典神学校への立ち入りができませんので、予めご了承ください。

工事期間

2017年11月~2018年3月末(予定)
※期間終了後も聖堂背面を含む敷地内工事が行われますが、堂内の見学は通常体制に戻ります。

工事期間中の見学ルート

聖堂正面入口の右扉より入堂いただき、祭壇右手側(香部屋)の扉より退堂をお願いします。

参考資料

関連リンク

関連登録資産

  • 世界遺産(候補)

    大浦天主堂

    フューレ神父とプティジャン神父の設計により1864年に建設された教会堂である。

トップ