おらしょ こころ旅

2016年4月6日

コラムを追加しました

青砂ヶ浦天主堂の苦労話あれこれ

あのバラ窓はどこへ?

五島の信徒は長崎へ避難した!?

黒島の島めしとふくれまんじゅう

五輪真弓さんのルーツ

小さなかくれキリシタンの島、椛島

奥浦は福祉事業の先駆け

黒島天主堂の鐘の音

大村純忠の五女メンシアの人生

五島の誇り、中村長八神父

中浦ジュリアンの一生

80年前に報道写真家が撮った堂崎

祈りの島の墓地をたずねる

今も生き続ける初代の大曾教会堂

江戸時代までさかのぼる御水帳

戦争中も供出をまぬがれた鐘

昔の里道を歩く

潜伏キリシタンの生活を助けたサザンカ

手作りの擬似ステンドグラス

マニラから里帰りした聖ヨハネ五島

関連登録資産

  • 世界遺産(候補)

    大浦天主堂

    フューレ神父とプティジャン神父の設計により1864年に建設された教会堂である。

  • 世界遺産(候補)

    黒島天主堂

    平戸島の南東、佐世保港沖に位置する黒島にある教会堂である。

  • 世界遺産(候補)

    旧五輪教会堂

    五島列島南部の久賀島にある教会堂である。

  • 世界遺産(候補)

    青砂ヶ浦天主堂

    1879年頃に最初の教会堂が建つ。

  • 世界遺産(候補)

    堂崎教会堂

    江戸時代、外海のキリシタンが集団移住で最初に住み着いたとされる福江島の奥浦地区にある教会堂。

  • 世界遺産(候補)

    大曾教会堂

    外海地方の出津、黒崎、池島いけしまなどから移住してきたキリシタンの子孫が住む。

  • 世界遺産(候補)

    五島観光歴史資料館

    三方を海に囲まれた福江城の城跡内にある天守閣を模した資料館。高校や文化会館、図書館などのほかの文化施設も城跡内にある。

  • 世界遺産(候補)

    松浦史料博物館

    平戸当主松浦まつら家の私邸として1893年に建てられた「鶴ヶ峯邸」を利用した博物館。

  • 世界遺産(候補)

    日本二十六聖人記念館

    聖パウロ三木ら20人の日本人と、6人の外国人宣教師の日本二十六聖人が殉教したとされる西坂の地に建てられた資料館。

  • 世界遺産(候補)

    長崎市外海歴史民俗資料館

    出津文化村の施設の一つとして1982年に開館。外海地区の歴史、民俗、文化を広く展示公開している。

トップ