おらしょ こころ旅

祈りとともにある島の教会

過疎化が進む奈留島。
祈りの灯をともし続ける信徒たちに出会った。

祈りが消えた島

過疎化が進む奈留島。信徒たちは祈りに向かう。

島の過疎化の波は止まらない。過疎化による人口減少は、奈留島だけでなく五島列島全体が抱える問題だ。特に交通の不便な場所に点在する島の教会の存続は深刻である。江上天主堂の信徒はわずか1世帯になった。

奈留全体の教会の中心は葛島かずらじま教会だった。江上天主堂はもともと葛島教会の巡回教会のひとつで、それぞれの教会の信徒たちはミサのとき、互いに行き来し合ったという。1973年の集団移住を機に、葛島から祈りの声が消えた。葛島教会の人たちは奈留島へ移り住み、奈留教会堂を建てた。

今では奈留教会から月1回わざわざ江上天主堂へ信徒がミサのために集まる。教会堂は信徒たちの祈りの家。人々が集まり祈ることによって初めて教会としての意味を持つ。


92歳の祈り

朝夕の祈り。無事に過ごせますように。日々を暮らす。

身を切る寒さと静寂の闇の中、明けの星はまだ輝きを放っている。奈留なる教会堂の玄関先には2、3台の手押し車が並ぶ。92歳の老女は頭から黒色のストールを巻き、手押し車を押しながら教会堂に向かう。彼女は奈留島最初の教会があった葛島かずらじまの出身だ。かつて葛島の住民すべてが信徒だった。江上天主堂のミサにも出かけていた。

彼女は幼いころから、食事の前後はもちろん、一日に何度も祈りを捧げる、そんな家庭で育った。90歳を超えた今でも教会に通い、朝夕の祈りは欠かさない。夕方にはロザリオを持ち、近くに住む6人の女性たちとともに教会に集う。朝には一日皆が元気に過ごせるように祈り、夕方には皆が無事に過ごせたことに感謝する。

祈りが終わると、長椅子の脇に立ち、深々と祭壇に一礼した。教会を出るときにも十字を切ってこうべを垂れる。毎日を同じように過ごし、慎ましやかに信仰と向き合っている。


育まれた祈りの心、奉仕の精神

教会堂に人が集まりますようにと、老女はロザリオを片手に毎日祈る。亡くなった夫のロザリオ(左)といつも祈りで使うロザリオ(中央)。ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世から拝受したロザリオ(右)。大切な宝物だ。

彼女は天気が良ければ、出かけて教会の花壇の草取りをする。今年も、自宅の庭で栄えた花の種を植えた。たくましく芽を出し、春を前に開花が待ち遠しそうだ。

「自分の家が汚れていたら、きれいにするでしょ?」。彼女は、自分のことのように教会を大切にしている。その精神は、幼いころから親の後ろ姿を見続けることによって育まれた。

「若い人たちが教会に来てくれないのは残念ですが、仕事があるけん、それも大事。いつか教会に人が集まりますようにと毎日祈っています」。彼女は島の若い人たちや子どもたちの心に植えられた“種”も、いつか芽を出して花開くと信じている。島から祈りが消えぬように、と。


(文章:大浦由美子)

関連する人名・用語
巡回教会

[じゅんかいきょうかい] 教会堂に司祭(神父)が常駐せずに、ミサの時だけ訪れる教会のこと。

ロザリオ

[ろざりお] カトリック教会で祈りのときに使われる鎖状の道具。大珠6、小珠53を鎖でつないで輪状にし、下に十字架をつないだもの。コンタス(コンタツ)とも呼ばれる。

人名・用語辞典 >>

この物語へのコメント

このコラムを読んだご感想・ご意見などをお寄せください。
本コメント機能はFacebookによって提供されているものであり、
この機能によって生じた損害に対して当事務局は一切の責任を負いません。
また、このコメント欄にお問い合わせいただいても回答はいたしかねます。
当ウェブサイトに関するお問い合わせは、下部の[お問い合わせ窓口]までお願いいたします。
このカテゴリーのその他のコラム
トップ