おらしょ こころ旅

繁栄の歴史を物語る横瀬浦公園

2016年3月30日 公開

ぶらり旅(75)繁栄の歴史を物語る横瀬浦公園_ph5

横瀬浦(よこせうら)が南蛮貿易港として繁栄したのは開港からわずか1年あまり。まちを見おろす小高い丘にはその歴史が今も息づいています。

ルート紹介を見る
ルート紹介
横瀬浦公園案内板

敷地内の施設を紹介する案内板はこんな感じ。南蛮船来航時をイメージさせるイラストで雰囲気を盛り上げている。

住所 西海市西海町横瀬郷2933-13
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
彩色タイル壁画

公園内には、大村純忠(おおむらすみただ)が横瀬浦の教会で25名の家臣とともに洗礼を受ける場面を描いたタイル壁画が設置されている。作品名は「洗礼」。ポルトガルの現代作家ベラ・シルヴァの作である。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
体験学習棟

体験学習棟の内部は温もりあふれる木造り。ここにはゆかりの資料や写真などが展示されており、突き当たりのガラス張りのドアの向こうにはかつて繁栄を極めたまちなみが広がっている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
天主堂跡

展望棟の裏手には天主堂跡の石碑が立っている。天主堂は近くの森から切り出した木を使い、住民の協力によってつくられたという。ここで洗礼を受け、日本初のキリシタン大名となった大村純忠はどのような毎日を過ごしていたのだろうか。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
横瀬浦のまちなみ

体験学習棟から見たまちなみ。横瀬浦が南蛮貿易港として賑わったのは開港からわずか1年あまり。大村純忠の義弟の反乱でまちは破壊されたという。波静かな入り江と、軒を連ねた古い家々が往時をしのばせる。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 3分
ルイス・フロイスの銅像

体験学習棟の横の階段を下りていくと、ルイス・フロイスの銅像が見えてくる。教えを説いているのだろうか、その後ろ姿は情熱的で力強く、自信に満ちあふれている。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ