おらしょ こころ旅

海を望む山間にひっそりと…

2017年7月5日 公開

phU-7-1-6

平戸市の古江湾を見下ろす山間に立つ古江教会堂。正直、「ぶらり」と行ける教会堂ではなく、山道を車で走っていて、何度も「この道かな?」と不安になりました。でも、たどり着いた教会は、今も信徒さんに大切に守られていることが実感できる教会堂でした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
目印の交差点

平戸大橋を渡り、市街地を抜け、古江町をめざして走っていきます。のどかな山道を走ること20〜30分で古江町へ。この交差点(掲示板とごみステーションあり)から左に曲がり、さらに山奥に入って行きます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
7分
教会入口

「え〜こんな山奥に本当にあるの〜?」と言いながらクネクネと続く山道を必死で運転。禁教下、
潜伏キリシタンはこんなに人里から離れたところで信仰を守り続けていたんだなと改めて思い知
らされながら走っていると、教会入口の小さな立て札が見えました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
古江教会堂(1)

やっとたどり着きました! 山間にひっそりと佇む、白い木造教会。敷地内のどこを見てもゴミ一つなく、今も大切に守られていることが一目で分かります。創建は1899年、現教会堂は1990年に建てられた2つ目の教会堂です。

住所 平戸市古江町大瀬
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
古江教会堂(2)

すっきりとした民家風の外観。堂内は祭壇に聖ミカエル像をまつり、両祭壇にイエス像と美しいマリア像が置かれています。ヨーロッパ調の紙を貼った窓ガラスや竹でつくった聖水器など、手づくりの温かさに包まれた居心地の良い教会堂です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
古江教会堂(3)

教会堂の横にあるルルドに手をあわせました。目を閉じると、鳥の鳴き声が耳に響きます。現在は
平戸教会の巡回教会になっていますが、創建は平戸教会より32年も早いのだそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
墓地

教会堂の敷地を出て、すぐ近くの海を望む場所にある墓地。一番古いお墓は明治期のものでしょうか? 時代を感じる石塔や十字架が、この集落の歴史を物語っています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
古江漁港

古江教会堂を出て、最初に紹介した交差点まで戻り、右へ海をめざして走って行くと、小さな漁港がありました。潮の香りを感じながら、しばし休憩。トイレもありましたよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
すぐ
古江神社

なんと、こんなところに雰囲気のいい神社を発見! 日本の原風景を見るような和の空間。教会堂も
神社も、祈りの場所は神聖な空気に包まれていて、心がなごみます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ