おらしょ こころ旅

中途半端に岩戸山

2016年1月20日 公開

ぶらり旅(65)中途半端に岩戸山_ph2

須崎(すざき)キリシタン墓碑から岩戸山(いわとやま)へ。軽い気持ちで訪れたものの、そこはかつて観音道場があった霊地。「ありがたいやら怖いやら」で登山の途中、いや、山の入口で失礼することになったのでした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
須崎キリシタン墓碑

今度は覆屋の横にまわって撮影。どう見てもここには4基(ひょっとして5基?)しかないように思える。須崎キリシタン墓碑を紹介しているガイドブックによると、「6基のうち3基が県の史跡に指定されている」とある。結局6基あることを確認できないまま次の目的地へ・・・。また来ます!

住所 南島原市加津佐町水月名字須崎
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
岩戸山

岩戸山はかつて観音道場があった霊地。山全体が約300種類の亜熱帯植物でおおわれており、国の天然記念物に指定されている。案内板には「観音堂はキリシタン騒動のため壊滅した」とあり、島原・天草(しまばら・あまくさ)の乱後、洞窟(どうくつ)に隠れていたキリシタンが捕らえられたという伝説もあるそうだ。

住所 南島原市加津佐町字岩戸山
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
急な階段(1)

山門を入り古い石橋をわたって進むと、見上げるよう急な階段があった。入口付近で見た「岩戸山道標」によるとかなり奥深そうな山である。とりあえず階段を上ってみようと一歩を踏み出す。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
道しるべ

階段の横にあった道しるべには目的地までの距離が書いてあった。平地の150メートルや170メートルはどうってことはないが、山登りとなると簡単にはいかない。まして370メートルは無理だろう。座禅石、穴観音は見てみたい気もするが・・・。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
茂みの中

階段を上り詰めるとひんやりとした空気に包まれる。こういうのを「霊験あらたか」というのだろうか。「ありがたくもあり怖くもあり」である。右手に視線を移すと茂みはどこまでも続いているようだ。今回はここまで! そう一人でつぶやいた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
急な階段(2)

さっき上ってきた階段を下りていく。転げないように手すりを持って足元に注意して一歩ずつ。両脇の茂みから何かが現れそうな気がしてザワザワという風の音にもちょっと驚いてしまう。機会があればまた・・・ということで。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ