おらしょ こころ旅

高島のアンゼラスの鐘

2018年8月22日 公開

ph-08-4-0

前回から引き続き長崎港沖の高島をぶらり。高島のカトリックの先祖は、宝暦年間に外海の樫山地区から、迫害を逃れて移住した潜伏キリシタンといわれています。その後、炭鉱の発展とともに信徒数も増加しましたが、1987年の閉山に伴い激減。2004年から馬込小教区の巡回教会となっています。

ルート紹介を見る
ルート紹介
昔の炭坑アパート?

島内を歩いていると、高層アパートがありました。昔の炭坑アパートのようですが、電灯がついているので、今も使われているのかな? 数えてみると8階建。エレベーターはついていないようですから、上の階の人は上るのが大変でしょうね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 1分
高島海水浴場

青い海と白い砂浜が広がる高島海水浴場。人工ですが、少し泳いでいくと美しい珊瑚礁が広がっているという珍しくて、貴重なビーチ。波も穏やかで、気持ち良さそうです。少し海で遊んだあと、海水浴場前のバス停から、島内循環バスを利用して高島教会堂をめざします。

住所 長崎市高島町2709-5
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
バス 3分
教会下バス停

バスに乗ってほんの数分、「教会下」バス停で下車。ログハウス風の可愛いバス停は、道ゆく人の休憩所にもなっているようです。見上げると高島教会堂の十字架が見えました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
手書きの案内板

石段を少し登ったところに、「この先50m」のかわいい看板。やさしさが伝わる手書きの看板に心が和みます。でも、距離は50mと短いけど、かなりの石段。暑い中、息を切らしながら登りました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
高島教会堂(1)

着きました!とっても雰囲気のいい教会堂、来た甲斐がありました。1891年、信徒の拠金により、45坪の聖堂が現在地に建立されたのが高島教会の始まりだそうです。現在の教会堂は、高島炭鉱の発展に伴い、信徒が増加したことで、1954年に建立されました。

住所 長崎市高島町1138
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
高島教会堂(2)

なんと扉の前にりっぱな鐘が! これは1891年、最初の教会堂を建てる時にフランスから取り寄せたアンゼラスの鐘。トンカチみたいなものがそばに置いてありますが、これで鳴らすのでしょうか? 今も美しい音色を島中に響かせているのでしょうね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
高島教会堂(3)

大浦天主堂の鐘や、浦上天主堂の鐘と似ていますね。よく見ると、細かい装飾が大変素晴らしいものです。良いものは、いつまで眺めても飽きがこないです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
高島教会堂(4)

教会堂の上から眺めてみました。海に十字架が映えて、キラキラ輝いているように見えました。周辺は空き家が目立ち、島の過疎化を痛感しました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
島内循環バス

バス停に待っていると、時間通りに循環バスがやって来ました。これに乗ると、ちょうど高速船に間に合います。島の滞在時間は4時間足らずでしたが、十分楽しめました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ