おらしょ こころ旅

迷いながら舘浦あるき

2015年2月4日 公開

ぶらり旅(16)迷いながら舘浦あるきph4

路地から路地へ歩いていくと、昭和の時代を感じさせる懐かしい通りが現れます。角を曲がれば、お寺があったり、大きな観音様がそびえていたり・・・。漁師まちは出会いがいっぱい。なんだか気持ちがゆったりとしてきます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
焼山

焼山から南に車を走らせ、舘浦地区へと入る。

住所 長崎県平戸市生月町里免2672-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
舘浦の通り

舘浦(たちうら)の家々は肩を寄せ合うように建っている。隣の家と壁がくっついて戸板がない家も多いらしく、その姿はまるでスクラムを組んで、海からの強風をしのいでいるようにも見える。道は迷路のように入り組んでいて、右へ左へと気ままに歩いていると、自分がどこにいるのかわからなくなる。

住所 長崎県平戸市舘浦
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
生月大魚籃観音

港を見下ろす小高い丘の上には航海の安全を祈念して建てられた高さ18mの生月大魚籃観音(だいぎょらんかんのん)がある。この丘はドノヤマと呼ばれているらしく、キリシタン領主、籠手田(こてだ)氏の城があった場所だともいわれている。

住所 長崎県平戸市生月町山田免570-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
生月大魚籃観音からの眺め

それにしてもここからの景色は素晴らしい。白い波と甍(いらか)の波が漁師まちらしい風景を描き出している。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
法善寺

どこをどう歩いてきたのか、お寺にたどり着いた。法善寺(ほうぜんじ)——由緒あるお寺のようだ。山門をくぐると、左手には生月出身の江戸時代の力士、生月鯨太左衛門(げいたざえもん)のお墓がある。境内にある柿の木が葉っぱに負けないほどいっぱいの実を付けていた。鈴なり!

住所 長崎県平戸市生月町舘浦130
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
舘浦のまちなみ

今も使われているのか、大きな工場か倉庫のような建物から路地に入り、通りがかりの女性にキリシタン史跡のひとつ「八体龍王(はったいりゅうおう)様」の場所を訪ねた。すると、「あそこはわかりにくいもんね」と言って親切に案内してくれた。ありがとうございます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
八体龍王様

八体龍王様は、通りからさらに路地を入ったところにあった。ここは身ごもった女性と6人のキリシタンの合計8人が処刑された場所だと伝えられている。女性はお腹に子どもがいるので助命を願い出たが聞き入られなかった。今ではお産の神様として参詣する人も多いという。

住所 長崎県平戸市生月町舘浦
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ