おらしょ こころ旅

出津川から野道の墓地へ

2019年7月31日 公開

7-5-0

明治初期、外海に赴任したド・ロ神父は「隣人を自分のように愛しなさい」というキリスト教の教えを実践。深い人類愛で外海の人々のために力を注ぎ、一度も母国へ帰ることなく、1914年(大正3年)に74歳で逝去しました。今回は、出津文化村からド・ロ神父が眠る野道の墓(現出津共同墓地)をたずねます。

ルート紹介を見る
ルート紹介
出津川(1)

山から流れる清流に恵まれた外海。日本一の清流として神浦川が有名ですが、この出津川も出津集落にとっては暮らしや文化を支えた貴重な水源でした。石積み文化も出津川周辺でよく見られます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津川(2)

長崎市のホタルマップにも紹介されている出津川。毎年6月には「出津川ホタル鑑賞会」が開催されるそうです。夏や秋には地域の人たちで清掃作業も行われており、今も大切に守られている憩いの場です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津共同墓地(1)

出津川に架かる小さな野道橋を渡って共同墓地へ。ド・ロ神父が生前(1898年)に造った墓地で、以前は「野道の墓」や「野道共同墓地」と呼ばれていました。山を切り開いて造った墓地は、ずっと高台まで続いています。

住所 長崎市西出津町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津共同墓地(2)

石段と石積みの壁が続く共同墓地。この墓地の造成には10年もの月日が費やされたといわれていますが、丁寧に積まれた石段や頑丈な石壁などを見ると、かなりの労力を要したことがうかがえます。この石段を登っていったところに大きな十字架があり、その近くに元々のド・ロ神父の墓があります。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津共同墓地(3)

多くの人々が訪れ、祭典などが行なわれることもあり、1990年にド・ロ神父の墓は共同墓地の入口に新たに建立されました。敷地も広く、石段を登らなくていいので、高齢者の方には助かりますね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津共同墓地(4)

ド・ロ神父は亡くなる3年ほど前から大浦の司祭館で静養していましたが、そのまま体調を崩し大浦で亡くなりました。でも、ド・ロ神父の遺言により、外海に葬られました。毎年11月7日の命日(またはその前後)にはミサが行われています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ