おらしょ こころ旅

山間に建つ赤い屋根の教会堂

2017年1月11日 公開

ぶらり旅(116)山間に建つ赤い屋根の教会堂_ph3

江袋(えぶくろ)教会堂から赤波江(あかばえ)教会堂、仲知(ちゅうち)教会堂へ。比較的自然条件に恵まれた平地や、湧き水のある場所を見つけて移住しようとした信徒たち。しかし、信仰を守るためにはあえて厳しい山間地を選ばざるを得なかったのかもしれません。今回はそんな想いが伝わる旅でした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
江袋教会堂

写真は、江袋教会堂の案内板にあった昭和初期の建物だが、火災による修復工事では復原年代を形の整った大正時代末期頃に設定。外部の色は大正当時より明るくし、正面は板で囲って色を変え、大正末期の姿を表現したという。

住所 南松浦郡新上五島町曽根郷字浜口195-2
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
江袋教会堂からの眺め

豊かな緑に囲まれた集落に点在する民家。その向こうには日差しを浴びて輝く広大な海が広がっている。上五島にある教会堂からの眺めは、ほとんど家々と緑と青い海がセットになっているが、それぞれ変化にとんでいて美しい。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
8分
赤波江教会堂

1870年頃の赤波江は小さなキリシタン集落で、3人の伝道師が住み、現在の仲知小教区の宣教活動の拠点だったという。初代教会堂1884年に建立され、現教会堂は1971年に献堂されたものである。

住所 南松浦郡新上五島町立串郷字谷ノ坂子1899
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
赤波江教会堂の鐘

集落の人々にミサの時間などを知らせるためのものだろう。教会堂のそばには素朴な鐘楼があった。太陽の光を反射した十字架がまぶしい光を放ちながら青空にそびえていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
仲知教会堂

外海(そとめ)出身のキリシタンが開拓した5つの集落がある仲知の教会堂。初代教会堂は1881年に建立され、現在の教会堂は1978年に建てられたという。玄関入口の窓ガラスにほどこされた二つの細長い十字架がなんともユニークである。

住所 南松浦郡新上五島町津和崎郷991
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
3分
森の中にたたずむ赤波江教会

仲知教会堂をあとにして車を走らせていると、緑に囲まれた山腹に赤い屋根の教会堂が見えた。さっき訪れた赤波江教会堂である。信徒たちは信仰を守るために人を寄せ付けないような急斜面の土地を選んだのだろう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ