おらしょ こころ旅

歴史の道から出津教会堂へ

2019年7月24日 公開

7-4-0

外海地区の中でも、やはり一番の見所はド・ロ神父が赴任して最初に建てた出津教会堂。1882年にド・ロ神父の設計施工で建てられた後、1891年に一部改造、1909年に玄関部を増築し、現在の教会の形が整えられました。100年以上の時を経てもなお美しい佇まいを見せる出津教会堂は、何度訪れても心なごむ教会堂です。

ルート紹介を見る
ルート紹介
歴史の道

旧出津救助院から出津教会堂を結ぶ道。ド・ロ神父も救助院から教会へ行く時に通った道だそうです。そう考えると、周辺の景色もまた違って見えてきますね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
ド・ロ神父の井戸

歴史の道の途中にはド・ロ神父も使ったとされる古い井戸がありました。井戸の横には美しいマリア様が祀られています。ここから眺める出津教会堂の風景も良かったですよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
出津教会堂(1)

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されてからちょうど1年。登録された当初より落ち着きはしたようですが、この日も県外からの見学者が何組も訪れていました。歴史を感じる漆喰の壁と和洋折衷の何とも言えない形…、他では絶対見ることができない教会堂ですね。

住所 長崎市西出津町2602
電話番号 見学をご希望の際は事前に連絡が必要です。
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
http://kyoukaigun.jp
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津教会堂(2)

屋根は瓦屋根で和風なのですが、窓や扉などは西洋の香りが漂っています。水色を使うところなどもおしゃれですよね。小さな鐘は元々出津救助院にあったもので、今は子どもたちが教会堂に集まるときなどに使っているそうです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津教会堂(3)

教会堂の後方にあるド・ロ神父と中村近蔵伝道師の像。ド・ロ神父は日本語が堪能ではなかったため、近蔵氏が通訳代わりとして神父を支えたそうです。ここに2人並んだ像を見ていると、深いつながりが伝わってきます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
出津教会堂(4)

この日はカラッと晴れていて、教会堂の窓も開けられていました。教会堂の中を風が通り抜けて気持ちのいい時間を過ごせました。出津教会堂は、この後ろ姿もいいですね。美しいマリア像に手をあわせて帰りました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ