おらしょ こころ旅

もうすぐ誕生日の大浦天主堂へ

2019年2月6日 公開

2-1-0

大浦天主堂は、1865年12月29日に工事が完了し、翌1865年2月19日にジラール神父をはじめ、フランス領事、長崎港内に停泊中のフランス、ロシア、オランダ、イギリス各国の軍艦艦長臨席のもとに盛大な献堂式が行われました。それから154年、世界遺産になって初めての誕生日を迎える大浦天主堂を訪ねてみました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
グラバースカイロード (1)

今回は、石橋電停近くに乗り場がある「グラバースカイロード」を利用。坂のまち長崎ならではの斜行エレベーターです。これを使って一気に南山手の高台に上がり、眺めのいい坂道を下りながら大浦天主堂をめざします。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
グラバースカイロード(2)

坂道を歩いてのぼるのは大変ですが、エレベーターを使うと時間も短縮できるし、地元の人とのふれあいも楽しめます。でも運動不足の人には自分の足で歩くのがおすすめですね(笑)。上から眺めると迫力があります。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
グラバースカイロード(3)

楽に上がれるというメリットもありますが、グラバースカイロードの頂上からの眺めも最高です。住民のためのエレベーターですが、観光客にもおすすめです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
グラバー園入口(第2ゲート)

グラバースカイロードを降りて少し歩くと、グラバー園の第2ゲートがあり、ここから入ると下りながら園内を散策できます。今回は、その入口を左手に見ながら、大浦天主堂に続く石段の坂道を下って行きます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
坂道の途中の洋館

坂道の途中に歴史を感じる可愛い洋館がありました。石造りの外観とアーチ型のバルコニー、そして屋根は瓦葺きという和洋折衷の建物です。正面に広がる芝生の庭もいいですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
大浦展望公園

小さな公園もありました。ベンチもあるので、旅の途中の一休みにもいいですね。坂のまちの風景をゆっくり堪能できます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
祈念坂

長崎の坂道の一番人気がこの坂道。この雰囲気が好きで遠藤周作も度々訪れていたという祈念坂。港の風景とともに、大浦天主堂の側面部分も見ることができます。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
祈りの三角ゾーン

写真の左の鳥居は「大浦諏訪神社」、中央奥にちらっと見える緑色の屋根が「大浦教会堂」そして右側の門が「妙行寺」。教会と神社とお寺が同時に存在する、長崎らしい風景で、通称「祈りの三角ゾーン」と呼ばれています。
神様がいっぱいでご利益がありそうですね!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
大浦天主堂

ようやく目的地の大浦天主堂に到着。創建当時は「ふらんす寺」と呼ばれ、地元の人がたくさん見物に訪れていたとか。世界遺産に登録されたことで、今は世界中から歴史に残る「信徒発見」の舞台を一目見ようと、多くの人が訪れています。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ