おらしょ こころ旅

海をわたり野崎島へ

2015年5月27日 公開

ぶらり旅(32)海をわたり野崎島へ_ph7

笛吹(ふえふき)港から町営船で野崎(のざき)島へ。野崎港から集落跡を通って山道を歩いて行くと、階段状に連なる草原の向こうに、ひとり取り残されたように建つ煉瓦(れんが)造りの教会が見えてくる。旧野首(のくび)教会——その姿は美しくいとおしい。

ルート紹介を見る
ルート紹介
町営船の発着所

翌朝、野崎島に上陸するため、町営船の発着所に向かった。出航まで少し時間があったので待合所にいると、大島(おおしま)から通学している高校生数人が入ってきた。はつらつとした笑顔で交わす元気なあいさつ・・・。島の朝は明るい。
※ご来島の前には、必ず、おぢかアイランドツーリズム(電話番号:0959-56-2646)までご連絡ください。

住所 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷
電話番号
URL http://ojikajima.jp/before
料金
営業時間
休日
20分
荒れる海

出航してしばらくすると船が揺れ始めた、窓の向こうに浮かぶ野崎島にカメラを向けたが、手元が定まらず上手くシャッターを切ることができない。出航して20分ほどで六島(むしま)に到着。住民3人のこの島から2人が乗船。さぁ、再び出発。さらに揺れながら野崎島へ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
野崎港

笛吹港を出て約30分で野崎島に到着。荒れていた沖合とは対照的に野崎港はおだやかな表情を見せていた。

住所 長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
教会へ続く道

野崎集落跡を通って教会へ続く道を歩く。丹精込めて造り上げた古い石積みやだんだん畑はすでに崩れかけている。そんな風景のなかで、激しい海風の音だけが耳元で鳴り響いていた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
海が見えた!

体を前にかがめながら山道を歩いていると、急に視界が開けて海が見えてきた。なんという青さだろう。これはきっとこの島を訪れた人へのご褒美(ほうび)のひとつだ。風によろける体を支えながら写真におさめた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
だんだん畑跡

足元に注意しながら石が落ちてきそうな崖(がけ)の下を歩いていくと、階段状に連なる草原が見えてきた。かつてのだんだん畑跡である。馬に乗ったカーボーイが登場しそうな、いや、突然、急斜面のいただきにUFOが現れそうな、そんな風景に思わず立ち止まってしまった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
旧野首教会

ようやく旧野首教会が見えてきた。丘に建つその姿は風雪に耐えながら歴史を刻んできたたくましさよりも、どこか愛らしさを感じさせる。煉瓦の赤と木々の緑、抜けるような青空がまぶしい。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ