おらしょ こころ旅

野首集落跡から舟森集落跡まで

2015年6月3日 公開

ぶらり旅(33)野首集落から舟森集落まで_ph7

旧野首(のくび)教会から険しい山道に入り、のぼりが続く里道をひたすら歩く。息を切らしながら、道しるべに助けられながら約1時間30分、ようやく舟森(ふなもり)集落跡に到着しました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
旧野首教会と自然学塾村

野崎(のざき)ダムを眼下に眺めながら斜面を歩いていくと、遠くに旧野首教会が見えてくる。その右手には野崎島自然学塾村。ここから少しずつ険しい山道に入っていく。

住所 長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 20分
小石いっぱいの山道

ごろごろところがる石をさけながら歩いていく、左下は急な崖(がけ)。すべらないように注意、注意。今回は担当者のKさんに同行してもらい、小値賀(おぢか)町役場のHさんの案内で舟森をめざす。足手まといにならないようについていきます!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
巨大な石

本格的な里道へと入り、しばらく歩いていくと、道をふさぐように巨大な石がころがっていた。里道のいたるところにこれくらいの大きさの石がある。気をつけて歩こう!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
「気合だー!!」

「応援ありがとうございます!」と思わず頭を下げた舟森までの道しるべ。こういった趣向をこらした道しるべはこのあとも続いて登場する。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
ひたすら歩く

アップダウンが続く里道。のぼり7割、くだり3割の過酷なコース。しだいに息が上がり二人に遅れをとっていく。次の道しるべの応援コメントは「まだまだガンバレー!!」だった。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 10分
眺望がひらけた!

やっと山頂付近にたどり着いたのか、一気に眺望がひらけた。正面に見えるのは小値賀のまちなみ。両手をあげて大きく深呼吸! 近くにあった道しるべには「ここらでひと息 ふ〜 休みましょう」の文字。そのとおり、ちょっと休憩して出発。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 30分
舟森に到着

ようやく舟森集落跡に到着。目の前に広がる急斜面・・・。かつて信仰厚きキリシタンがひっそりと暮らしたこの場所に今はもう誰もいない。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ