おらしょ こころ旅

聖なる西坂の丘

2014年12月24日 公開

ぶらり旅(11)聖なる西坂の丘ph1

これまで何度も訪れている日本二十六聖人殉教地。記念碑の素晴らしさは皆さんもよくご存知だと思いますが、今回はその裏にあるもうひとつの作品、そして記念館の展示品に目を奪われてしまったのでした。

ルート紹介を見る
ルート紹介
長崎駅

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
日本二十六聖人殉教地

久しぶりに訪れた西坂(にしざか)の丘。この日も記念碑の前では観光客らしき人たちがレリーフに見入っていた。日本二十六聖人殉教地(長崎市西坂町)—交通量の多い長崎駅に近い場所にも関わらず、ここは静かでゆったりとした時間が流れている。見上げると、まぶしいほどの青空が広がっていた。

住所 長崎県長崎市西坂町7−8
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
日本二十六聖人のレリーフ(1)

24体は天を仰いでいるが、2体だけは視線を下に向けさせている。それは観る人と視線を合わせることによって、その人の心を上へ引き上げようとしたからである。日本二十六聖人記念碑の作者、舟越保武(ふなこしやすたけ)はこう語ったという。

住所 長崎県長崎市西坂町7−8
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
日本二十六聖人のレリーフ(2)

実際に目を合わせてみると、その言葉どおり、すっと心が持ち上がるような感覚になる。それほど2体の目は生き生きとした力にあふれていた。

住所 長崎県長崎市西坂町7−8
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
長崎への道

レリーフの裏には、日本二十六聖人記念館と聖フィリッポ教会を設計した今井兼次(いまいけんじ)作の「長崎への道」がある。ごつごつとした石で構成されたこの作品は、二十六聖人の京都から長崎までの苦難の旅と、彼らの揺るがない信仰心を表現しているように思える。この作品もじっくりと鑑賞してほしい。

住所 長崎県長崎市西坂町7−8
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
日本二十六聖人記念館

日本二十六聖人記念館の静かな展示室には賛美歌が流れていた。キリスト教の伝来、受容・発展・交流、迫害・殉教など、テーマごとに展示された貴重な資料は目を見張るものばかり。二十六聖人の遺骨が安置されている2階の栄光の間や、椿(つばき)が描かれたステンドグラスの意匠などにも今井兼次のこだわりを感じる。

住所 長崎県長崎市西坂町7−8
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ