おらしょ こころ旅

水ノ浦教会堂を訪ねて

2017年9月6日 公開

phU-9-1-0

江戸時代末期、大村藩から五島に移住した潜伏キリシタンのうち、水ノ浦には5人の男性とその妻子が移住しました。信徒発見後、同年11月には信徒の代表がプチジャン神父と面会。厳しい弾圧を経てカトリックに復帰し、明治13年に最初の教会堂が完成、現在の教会堂は昭和13年に建てられました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
浜田海水浴場

魚津ヶ崎公園の近くで見つけた海水浴場。白い砂浜でとってもキレイ! さすが、五島! 思わずサンダルを脱いで浜辺を歩きました。波もおだやかで、家族連れにもおすすめです。

住所 五島市岐宿町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
3分
魚津ヶ崎公園(1)

ずっと来たかったスポット! 一面に広がる満開の花畑を眺める予定でしたが、肝心のひまわりは開花時期が過ぎていました。残念! でも、花はなくても気持ちよい景色で満足でした。秋はコスモスが咲くそうですよ。

住所 五島市岐宿町岐宿1218-1
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
魚津ヶ崎公園(2)

公園内にある「遣唐使船寄泊地の碑」。魚津ヶ崎は、遣唐使船の日本最後の寄泊地として『肥前風土記』に記載があるのだとか。遠い昔、遣唐使たちはこの風景を目に焼き付けて、海の向こうの大陸に渡って行ったのですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
水ノ浦教会堂(1)

「水ノ浦」という名前通り、周辺は海に面した静かな集落。教会の敷地に続く階段をトコトコと登ると、わぁ〜! 白亜の教会堂! 正面入口のデザインがとってもおしゃれ。鉄川与助が手がけた木造教会の集大成とも言えるべきもの、細部までこだわりを感じます。

住所 五島市岐宿町岐宿1644
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
水ノ浦教会堂(2)

横から見た形も素晴らしいです。大きな窓のデザインも凝っていますね。まるでヨーロッパの写真集で見るような風景。中に入ると、ステンドグラスの窓から差し込む光が幻想的な空間をつくり出していました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
水ノ浦教会堂(3)

教会堂を見学したあとは、周辺を散策。隣接する修道院の建物も大きくて立派です。教会堂の裏手には『十字架の道行き』のレリーフが立てられていて、一番奥にはイエス像がありました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
水ノ浦教会堂(4)

水ノ浦も明治初期に弾圧があった場所。ここは捕らえられたキリシタンが入れられた牢屋跡で、信仰の自由を手にしてから100年後の1971年に記念碑が建てられました。像は、日本二十六聖人の一人で五島出身のヨハネ五島です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
水ノ浦教会堂(5)

敷地の高台にある墓地からの風景。水ノ浦湾を見下ろす小高い丘に教会堂が建っていることがわかります。穏やかな風景に心が癒されていくのが実感できます。教会堂の右隣にある白い建物が修道院です。集落全体が祈りに包まれていることを感じました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ