おらしょ こころ旅

ミゲル像、みっけ!

2018年6月6日 公開

ph-06-1-0

前回は千々石ミゲルの生誕地である雲仙市千々石町の釜蓋城址などを訪ねましたが、千々石町には他にも千々石ミゲルゆかりの場所があります。散策の途中、故郷の「偉人」として大切にされていることが実感できる銅像に出会いました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
千々石三大先人の碑(1)

橘公園で出会った中学生の女の子が、すぐ近くに千々石ミゲルの像があることを教えてくれました。教えてくれた場所は、国道沿いにある雲仙市千々石庁舎。その敷地内に、「千々石三大先人」と書かれた大きな碑がありました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
千々石三大先人の碑(2)

そして、そのすぐ隣に、「至純の人」と書いた千々石ミゲル像がありました。天正遣欧少年使節の一人として海を渡った千々石の英雄。胸元に光る十字架が純粋な信仰心を表現しているようです。見るからに利発そうな少年像。スタイル抜群のイケメン像ですね!

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
千々石三大先人の碑(3)

その隣は、「至誠の人」と書かれた橘周太の像。千々石を代表する名所、橘公園に祀られている橘中佐の胸像です。軍神として崇められる一方で、天皇の教育係としても手腕を発揮した功績もあるようです。橘公園の勇ましい姿とは違う、穏やかな表情です。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
千々石三大先人の碑(4)

その隣は、「至芸の人」と書かれた釧雲泉の像。江戸時代の南宗画の画聖といわれた才人です。橘神社には雲泉が幼い頃、平らな石に泥を塗っては絵を画いて練習したといわれる手習石が移設されています。千々石出身の偉人は多彩ですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
5分
千々石の直売所(1)

千々石庁舎を出て国道を車で走っていると、「直撃販売所」というユニークな名前の直売所がありました。店頭には採れたてのタマネギが大きな袋で販売されています。価格も安い!さすが、直売所!店内に入ってみましょう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
千々石の直売所(2)

店内にずらりと並ぶ特産品。千々石とその周辺で作られている棚田米や野菜、果物のほか、お菓子類なども数多く並んでいます。長崎空港と千々石のお菓子屋さんがコラボして開発したというジャガイモを使ったキャラメル「じゃがメル」もありました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
千々石の直売所(3)

島原名産の黒砂糖も並んでいました。島原で黒砂糖がとれるとはちょっと驚き。「6時間炊き」の懐かしい味の黒砂糖、体に良さそうですね。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
直売所の隣のカフェ(1)

直売所の隣には、とってもおしゃれなお店があります。コーヒーなどのドリンク類のほか、こだわりのタルトや焼き菓子など、手づくりスイーツがたくさん販売されているみたいです。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
直売所の隣のカフェ(2)

香り豊かなアイスカフェラテで喉を潤しました。おしゃれな袋の中には、注文してからクリームをつめる極上エクレアが入っています。とっても美味しかったですよ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
1分
千々石海岸

カフェラテとエクレアを持って、店の裏手にある千々石海岸に行ってみました。昨年から安全上の理由で海水浴は出来なくなりましたが、約2キロに渡って目の前に広がる砂浜はとってもきれいです。しばらく、遠くに見える山々を見ながらのんびり散歩しました。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ