おらしょ こころ旅

マタラ神父の足跡を訪ねる

2016年10月5日 公開

ぶらり旅(102)マタラ神父の足跡を訪ねる_ph5

田崎愛苦会(あいくかい)跡地からさらに山道を車で走り、平戸(ひらど)ふれあいバスの田崎(たさき)公会堂前バス停へ。そこから歩いてマタラ神父が眠る小高い丘を訪れました。

ルート紹介を見る
ルート紹介
田崎愛苦会跡地

つたが絡まる石垣をたどっていくと、出入口だったのだろうか、さびた金属製の扉があった。ペルー神父が創設し、マタラ神父が指導した愛苦会の活動は北松浦(まつうら)地区に広がっていったという。

住所 平戸市木場町
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
10分
田崎公会堂前バス停

田崎愛苦会跡地からさらに山道を上っていくと、平戸ふれあいバスの停留所「田崎公会堂前」が見えてきた。民家の少ない小さな集落である。ここで車を止め歩いてキリシタン墓地へ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 5分
マタラ神父の墓に続く坂道

丘の斜面をそのまま利用したような急な坂道が登場。左手に「マタラ神父様の墓」と書かれた小さな道しるべがあった。お年寄りにこの勾配はきついだろうなぁと思いながら上り始めたが、お年寄りでなくてもこれはきつい。上りきったら汗がどっと吹き出てきた。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
キリシタン墓地(1)

今回のぶらり旅ではあまりお目にかからなかったキリシタン墓地。十字架をあしらった墓石が階段状に行儀よく並んでいる。ほとんどのお墓にきれいな花が手向けられていた。先祖供養をかかさない信心深い土地柄なのだろう。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 2分
マタラ神父の墓

墓地の一角にマタラ神父の墓があった。マタラ神父は、1881年10月、マルセイユから日本宣教に出発し長崎に上陸。以後、黒島(くろしま)・平戸地区で40年にわたって宣教活動を行った人物である。墓石に刻まれた金色の文字「MATRAT」が印象的だ。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩 すぐ
キリシタン墓地(2)

キリシタン墓地がある丘の上からは穏やかな海が見える。平戸、田平(たびら)、生月(いきつき)などで教会建設や修道院の創設に力を注いだマタラ神父が選んだ永眠の地は、ここ田崎の墓地だったという。

住所
電話番号
URL
料金
営業時間
休日
徒歩

同じエリアのコース

ぶらり旅一覧
トップ